352  Pocket   はてブ

総額45万円以上の割引が受けられる「家族で超トク パスポートなび」が届きました。

去年の話ですが、「パルなび」っていう懸賞応募アプリから応募するともれなく先着2,000名に「家族で超トクパスポートなび」が当たるっていうんで応募してました。

で、そんなことをすっかり忘れたて先週のとある日、クロネコメール便で送られてきましたよっと。

passport-Navi_0

封筒には「ご当選おめでとうございます!」って書かれてるけど、先着順なので当選って感じでもないけどね。

スポンサーリンク

「家族で超トクパスポートなび」について

家族で超トクパスポートなびは、名誉挽回したいお父さんの味方!子育てママの救世主!っていうのがキャッチフレーズの、いわゆるクーポンブックです。

産経ニュースから引用させていただくと、

広告会社の株式会社パルディア(本社・東京都港区 代表・中沢敦)は2014年11月21日、家族のためのレジャー施設・飲食店掲載クーポンブック「家族で超トクパスポートなび」(980円)を発行します。このクーポンブックは親子に人気のレジャー施設など約52施設が含まれており、購入者には総額で45万円以上の割引が提供されます。

via: 『家族で超トクパスポートなび』11月21日創刊 – 産経ニュース

といったもの。

980円の雑誌購入で総額45万円以上の割引が受けられるっていうんだからスゴい雑誌です。

(実際にそこまでフルに活用できる人がいたらもっとスゴいと思いますが)

割引が受けられる対象施設

passport-Navi_6

割引が受けられる対象は約52施設ってことで、全部は紹介できませんが地域毎にいくつか挙げると

東京エリア

  • キッザニア東京
  • 大江戸温泉物語
  • エプソン品川アクアスタジアム

…など

神奈川エリア

  • 箱根小涌園ユネッサンス
  • カップヌードルミュージアム
  • 横浜八景島シーパラダイス

…など

伊豆エリア

  • 伊豆ぐらんぱる公園
  • 伊豆シャボテン公園
  • 下田海中水族館

…など

栃木・群馬エリア

  • 那須ハイランドパーク
  • 群馬サファリパーク
  • たんばらスキーパーク

…など

埼玉・千葉エリア

  • 西武遊園地
  • 東武動物公園
  • 鴨川シーワールド

…など

といったところです。

観光地などのレジャー施設は関東しか対応してないようです。

身近な飲食店などでも利用可能

上であげたレジャー系施設以外にも、数は少ないですが身近にある飲食店などでも使えるところがあります。

  • リンガーハット
  • ファーストキッチン
  • ペッパーランチ
  • 博多一風堂

など。

リンガーハットやペッパーランチはショッピングセンターのフードコートの定番ショップ。使える機会は多そうですね。

ただ、こちらもリンガーハットについては注意書きで「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、静岡県、栃木県、群馬県の店舗のみが対象」と記載がありました。

逆に言えば他のお店は全国で使えるものと思われます。

気になる割引率は?

もっとも気になる点が「どれくらいの割引が受けられるのか?」ってところですが、これは施設によってマチマチ。

10%オフのところもあれば、70%の割引を受けられる施設もあります。

70%の割引が受けられるのは「カラオケの鉄人」。

passport-Navi_8

ただ、上の画像にも※印で小さく書かれてますが、室料だけだとか年末年始はダメとかフリータイムの場合は10%オフになるとか、色々と条件がつきます。

これはカラオケの鉄人に限ったことではなく、どこも似たような感じ。

大人は10%オフにしかならないけど子供は50%オフになる施設などでも「最大50%OFF」と記載されているので、条件を良く読む必要があります。

何回まで使えるか

passport-Navi_1

割引を受けられる回数は施設ごとに決まっていますが、だいたいの施設がパスポートなびの提示で2回、パルなびアプリの提示(後述)で2回、計4回といった形ですね。

施設によってはアプリで使用できずパスポートなびで4回というところもありました。

有効期限は?

パスポートなびの表紙には「使用期限:2015年5月20日まで」とありますが、実際は施設毎に使用期限が決められています。

例えば、リンガーハットの場合は2月28日までとなっています。他にも期限が短いところは結構あるので注意しましょう。

表紙に書いてあるのは、最も遅い使用期限は2015年5月20日まであるよってことですね。

パスポートなびの使い方

さて、クーポンの使い方ですが、店頭で「パスポートなびを提示する」か「パルなびアプリ」の2通りがあります。

パスポートなびの提示で割引を受ける

まずは、割引を受けたい施設の店頭でパスポートなびの該当ページを提示する方法。

passport-Navi_3

割引を受けるとスタンプが押され、使用済みってことになります。

A5版・130ページの決して小さい本ではないので、本体を持ち歩かなくていいようクーポン部分を切り抜き可にするとか工夫が欲しかったところ。

パルなびアプリの提示で割引を受ける

つづいて、スマートフォンアプリ「パルなび」を提示して割引を受ける方法です。

まずは事前準備として、Androidスマホの場合はPlayストアから、iPhoneの場合はApp Storeから「パルなび」をインストールします。

そして、パスポートなびに記載されているシリアルコードを入力してアプリと紐付けを行います。

(▼下の画像の黒塗りしてあるところがシリアルコード)

passport-Navi_2

あとはアプリ内から使用したい施設のクーポンページを開いて、「このクーポンを使う」をタップすればクーポン画面が表示されます。

passport-Navi_10

気をつける点としては、「このクーポンを使う」を押した時点で使用済みとなり取消はできません。

必ず店頭で提示するタイミングで使うボタンを押すようにしましょう。

まとめ

このパスポートなび、去年10月に発売された当時はどこも品切れ状態で、Amazonマーケットプレイスで定価以上の価格で販売されたりしてました。

でも今はAmazonを見ると、数は少ないですが在庫もちゃんとあるようです。

マーケットプレイスでも未使用の中古が送料入れても500円前後で出品されてますね。

施設毎に使用可能期限がある点は注意が必要ですが、公式サイトからサンプルページを見ることができますので、購入前に使える施設・使用期限を確認した方がいいと思います。

サンプルページを見る

※サンプルには「一部施設のみ掲載」とありますが、見たところ殆どの施設が載ってました。

ほんとうに総額45万円以上の割引を受けるのは不可能に近いと思いますが、本代の元を取るくらいなら1回の利用でも可能だと思います。

これからの暖かくなってくる季節やゴールデンウィークを見越して、在庫が無くなる前に買っておくのもいいかもしれませんね。 

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク