332  Pocket   はてブ

子供の証明写真にもおすすめ!無料で自分で証明写真を作る方法

うちの息子、来年春から幼稚園のプレスクールに通わせる予定です。

候補にしてる幼稚園の申込期限が来週末ってことで、申込書類を確認してた妻が一言。

5.0×3.0の証明写真が必要だって!!

いやいや、そんな大声出さなくても。。。

たしかに他の幼稚園の書類では証明写真は必要ないみたいだし、そもそも2才2ヶ月で寝てるとき以外ジッとしてるということを知らないウチの息子さんの証明写真を撮るのは普通に考えて至難の技。

コイン式証明写真機ではもちろん、写真屋に連れて行っても大変そうです。

妻が叫んでしまうのも仕方ありません。

ということで、僕が前から使ってるネットサービスでやってみたら思いのほか上手くいったのでご紹介です。

スポンサーリンク

簡単・無料で証明写真を作成する

これをやるには、

  • 正面を向いてるデジカメかスマホで撮った写真
  • パソコン、または、スマホ
  • 写真印刷ができるプリンタ

があることが前提になります。

まずは証明写真に出来そうな写真を準備

デジカメ/パソコン/スマートフォンなどから、証明写真に使えそうな写真を探しましょう。

証明写真の要件はだいたい「6ヶ月以内、正面を向いてる、胸から上が写ってる」といったところかと思います。

ただ、今回のやり方では胸から下が写ってても構いません。

他の人が一緒に写ってても構いません。オバケが写ってても構いません。

今回サンプルとして使用する下のような画像で大丈夫です。

akachan_family_1

見つかったら、デジカメの中に入ってる場合はパソコンに取り込みましょう。

スマホで撮った写真の場合は、そのままでも大丈夫です。

パソコンまたはスマートフォンから「FreeDPE」へアクセス

僕は仕事柄、証明写真が必要になることがたまにあるので、数年前から利用させてもらってるサイトです。

FreeDPE

デジカメやスマートフォンで撮影した写真を、無料で証明写真に加工できるサイトです・・・

www.freedpe.com

上記サイトでは、パソコンまたはスマートフォンからデジカメ写真をアップロードして証明写真が作成ができるんです。

僕はいつも手軽に出来るスマホからやってるので、今回はスマホからの手順を紹介します。

デジカメ写真をパソコンへ取り込んだ場合はパソコンから操作することになりますが、操作方法はほとんど同じですよ。

スマートフォンで証明写真を作成する流れ

↓FreeDPEのTOP画面下の方にある「スマートフォンページはこちらから」へ行ったところ。

child-IdPhoto_01

ここで 「証明写真を作成する」を選択します。

↓次の画面では「ファイルを選択」から準備した写真を選択し、作る証明写真のサイズを決定します。

child-IdPhoto_02

今回は僕が実際に作った5.0×3.0サイズを例に作業を進めますので、「その他のサイズを選ぶ」を選択します。

↓そうすると縦横のサイズを選択する画面に移動するので、作成するサイズを選んで「決定」を押します。

child-IdPhoto_03

↓そして選択した画像ファイル名とサイズが正しいことを確認して「次へ」

child-IdPhoto_04

↓そうすると選んだ写真と範囲選択の枠が表示され、枠を指で移動/拡大・縮小できます。

child-IdPhoto_05

↓こちらが対象人物(サンプルでは赤ちゃん)を範囲指定したところです。左下にプレビューが表示されるので、確認しながらの範囲指定が可能です。

child-IdPhoto_06

↓そして「証明写真を作成する」を押すと、L版で印刷ができる画像が作成されます。

child-IdPhoto_07

画面にも表示されてますが、スマホの場合は画像を長押しして保存してください。

ちなみに今回はカスタムサイズ指定で5.0×3.0っていう珍しいサイズのため2枚分しかありませんが、4.0×3.0などの一般的なサイズの場合は4枚作成されますよ。

最後はプリンタから印刷して切り抜き

あとは保存した画像をL版の写真用紙に印刷して、黒線に沿ってハサミやカッターで切り抜けば完成です。

スマホから直接プリンターに印刷できない場合は、一度パソコンに画像を転送してから印刷しましょう。

注意点として、印刷するときに「フチなし全面印刷」などの設定がプリンタドライバにある場合、オフにしてください。そうしないと少しですがサイズが狂います。

また、印刷した写真用紙を証明写真サイズに切り抜く際、ハサミやカッターで真っ直ぐに切るのが難しいと感じる場合は、こんなミニ裁断機がおすすめです。

上記はミニサイズの簡易的な裁断機ですが、A4サイズにも対応した本格的な裁断機もAmazonならお手頃価格で手に入ります。

使用頻度や収納スペースを考えて、こういったのを買っておくのも良さそうですね。

まとめ

僕が実際に使った写真は上のサンプルで使わせて頂いた画像のように妻が後ろで肩に手を添えてる写真なので、出来上がりもサンプルのように妻の手が少し写ってしまいました。

まっ、プレ幼稚園の申込書類だしたぶん大丈夫でしょう(汗)

提出する写真がもし顔写真入りのネームプレートや名簿に使われるような場合は、写真屋さんで撮ってもらう方がいいかもしれません^^;

なお、今回はこどもの証明写真を例に挙げましたが、冒頭でも書いた通り僕は仕事で使う写真でも普通に使ってます。(もちろんその場合はスーツ姿で背景白地の写真を使ってますが)

証明写真はコイン式証明写真機でも安くて500円以上、写真屋さんなら軽く1,000円を超えるお金がかかってしまいます。

写真屋さんで撮ってもらうのに較べれば完成度は低いし手間も少しだけ掛かりますが、自分でやれば印刷コストの数十円程度で済みますよ。

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク