216  Pocket   はてブ

ブログの滞在時間が延びるってほんと?記事の所要時間を表示するプラグイン『estimated』を設置してみた。

先日、久しぶりにWordPressへプラグインを追加しました。

今回追加したのは「estimated」という記事を読むのに掛かる所要時間を自動表示してくれるプラグインと、「Highslide for WordPress *reloaded*」という画像をポップアップで拡大・スライドショーを表示させることができるプラグインです。

どちらもブログを見に来てくれた人の利便性が上がればいいなと思い入れてみたものです。

それぞれのプラグインについて、2回に分けてご紹介したいと思います。

今回はestimatedについて。

スポンサーリンク

記事の所要時間を表示するプラグイン『estimated』

記事本文上の右側に表示されている「この記事の所要時間: 約 ○分○秒」が、estimatedが自動で表示してくれている内容です。

(いつか表示させるの止めるかもしれないのでスクショも貼っておきます)

WordPress-Plugin_estimated_1

このブログは無駄に長い記事も多いので、見に来てくれた人が記事の先頭を見ただけで今読む時間があるかを判断してもらえればいいかなと思って入れてみました。

ブログの滞在時間を延ばす効果がある?

ちなみに「たった一行追加するだけでサイトの滞在時間を13.8%伸ばす方法・・・」なんて話もあるみたいなんです。

実際に効果がでたか検証して報告したいところですが、悲しいほど訪問者数の少ないこのブログでは、サンプルにならないでしょう(泣)

ただ、ブログを見に来てくれた方の利便性向上に繋がるのは間違いないかなとは思っています。

estimatedのインストール方法

estimatedは開発者さまのサイトからダウンロードできます。

記事を読む所要時間を表示させるWordPress用プラグイン「estimated」作ってみました。

先日、「たった一行追加するだけでサイトの滞在時間を13.8%伸ばす方法・・・」というタイトルでidea*ideaさんが紹介されていた、記事の冒頭に”記事を全て読み終えるまでにかかる、おおよその所要時間”を表示させるというワザですが、自分、勉強も兼ねてWordPressプラグインとして作ってみました!・・・

smkn.xsrv.jp

ダウンロードしたzipファイルはWordPress管理画面からアップロードします。

あとはプラグインを有効にするだけで、特に設定等は必要ありません。

同種の海外製プラグインもいくつか試しましたが、estimatedが一番しっくりくる表示をしてくれました。

設定不要で手軽なのもいいですね。

後で読もうと思った場合の対策も必要

訪問者が記事の所要時間を見て「今は無理!」となりページを閉じらてしまったら、せっかく伝えたかった記事も、もう読んでもらえないかもしれません。

そこで、そういった時に訪問者の方がすぐにページを保存できるよう、記事タイトル下にソーシャルボタンを設置しました。

上に貼ったスクリーンショットに表示されている各種SNSのボタンですね。

EvernoteやPocketのボタンもありますので、それらを利用している場合は簡単にページをクリップできます。

SNSボタンはsimplicityのカスタマイズ機能を利用

タイトル下のソーシャルボタン設置は使用させていただいているWordPressテーマ「simplicity」なら簡単です。

WordPress-Plugin_estimated_2

WordPress管理画面の「外観」→「カスタマイズ」→「SNSの設定」から「タイトル下に小さなシェアボタンを表示」にチェックを入れるだけ。

まとめ

estimatedは導入も簡単・見栄えも良しで、作者さまに感謝です。

本当に訪問者の滞在時間が伸びるのかはまだ分かりません。
そもそも、良質なコンテンツを提供できているサイトでなければその効果も無いと思いますし。

そいうった意味ではこういう風に便利機能を加えることも大事ですが、それ以上にしっかりとした中身のある記事を書いていくことが何よりも大切なんでしょうね。

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク