355  Pocket   はてブ

【手書き地図が苦手な人へ】ルート検索結果を指定サイズで印刷する方法

去年の春から子供が幼稚園に通うようになりましたが、そういえば入園手続きの書類に通園ルート(自宅から幼稚園までの地図)を書く欄がありました。

そのときは妻が手書きでブツブツ言いながら記入してましたが、新年度を迎え今年もまた「出席ノート」に地図を書く必要があったんですよね。

ということは来年も書く必要があるだろうし、下の子も入園すればさらにそれが続きます。

それならいっそのこと、パソコンで地図を作って印刷できるようにした方が手っ取り早いですよね。

ネットでやり方を検索してみると、思ったとおり同じことを考える人は多いようで手順を公開しているブログがいくつか見つかりました。

ただ、どれも納得のいく内容ではなかった(手順が複雑だったり仕上がりがイマイチだったり必要なソフトが無かったり)ので、結局は独自の方法で作ってしまいました。

比較的簡単な作業で結構いい感じに仕上げることができたので、備忘も兼ねて手順を共有したいと思います。(もしもっと良い方法があったら教えてください)

スポンサーリンク

前提条件

今回は例として、次の要件で地図を作成してみましょう。

  • 新宿駅から新宿中央公園までの徒歩経路
  • 印刷時のサイズは10cm×10cmの正方形

作業にはExcelをインストール済みのパソコンとA4印刷が可能なプリンターが必要です。

ちなみに使用したパソコンはWindows10ですが、Excelは2007と結構古いバージョンです。

違うバージョンのWindowsやExcelでもたぶん可能だと思います。

経路地図の作成手順

では具体的な作業内容について紹介します。

Yahoo!地図でルート検索

まず、Yahoo!地図でルート検索をします。

icon-arrow-circle-o-right Yahoo!地図

もちろんGoogleマップでも構いません。個人的な好みもありますが、両方試した結果、Yahoo!地図の方が地図っぽい感じが出てる気がしました。

以下のとおり「ルート検索」タブを選択して出発地と目的地を入力後、「探索」ボタンを押します。

結果がこちら。

デフォルトでは徒歩以外の交通手段を含めたルート候補が複数出てきてしまうので、徒歩マーク(画像赤丸部分)を押して徒歩ルートのみを表示させています。

地図のサイズ調整と画面キャプチャ

次に、地図部分が出来るだけ正方形になるようにブラウザのウィンドウサイズを調整して、Alt+PrtSCキーで画面キャプチャ(画面コピー)を撮ります。

(ブラウザはChromeを使用していますが、IEでも何でも構いません)

今回は最終的に10cm×10cmサイズで印刷できるように仕上げるため正方形にしていますが、例えば20cm×30cmに仕上げるなら、ここで地図を2:3の比率になるようサイズ調整しておくと後で楽です。

Excelに画像貼り付け

続いて、Excelを起動して新規ブックに図形を挿入します。

挿入する図形は何でも構いません。今回は四角形を追加しました。

今度は、挿入した画像を選択状態にして右クリックから「貼り付け」を実行します。(Ctlt+Vキーでも構いません)

すると、ブラウザの画面キャプチャが図形としてExcelに貼り付けられます。

最初に挿入した四角形はもう不要ですので、この段階で削除してしまいましょう。

地図部分以外のトリミング

続いて、挿入した画面キャプチャを選択状態にして余分な領域をトリミング(=不要な部分を取り除いて構図を整えること)します。

以下はExcel2007での例ですが、リボンメニューの「書式」にトリミングのボタンがあります。

トリミングを選択すると図形の上下左右および四隅に黒い枠線が表示されますので、その線をマウスでドラッグしてトリミング範囲を指定します。

以下はトリミング後の状態です。きれいに地図の部分だけを残せました。

完成までもう一息です。

印刷時の実寸を指定

次は、地図の大きさを印刷時の実寸で指定します。

図形を選択状態にして、右クリッから「サイズとプロパティ」を選択します。

すると現在の図形サイズが表示されますので(以下の赤枠部分)、

以下画像のように「縦横比を固定する」のチェックを外し、印刷時のサイズ(今回は10cm×10cm)を入力します。

元のサイズが13.7cm×15.06cmだったのを無理やり10cm×10cmにしたため地図が少し縦に圧縮されてしまいましたが、問題ないレベルでしょう。

ブラウザでウィンドウサイズを変更する際に完成時の縦横比率(今回は正方形なので1:1)で調整できていれば、このように圧縮されることはありません。

また、縦横をきっちり指定したサイズで印刷しなくても良いなら「縦横比を固定する」のチェックを外さずに「高さ」または「幅」の値を指定するだけで、地図が圧縮されることなく縦横どちらかを指定したサイズにすることも出来ます。

目印や建物名称を記入

これで完成でも良いのですが、今回ちょっと失敗したところがあって、地図をトリミングし過ぎてしまったせいで元々の地図にあった「新宿駅」の名称が消えてしまっています。

そこで今回は「新宿駅」と「新宿中央公園」の文字をテキストボックスで追加してみました。

新宿中央公園は地図上に名称が入っていますが、こうすることで更に分かりやすくなりました。(テキストボックスの追加方法は割愛します)

テキストボックスは必須ではありませんし、印刷した後に手書きで記入するという方法もアリだと思います。

指定したサイズの経路地図が完成

こちらが作成した経路地図をA4用紙に印刷したところです。(印刷する前に「印刷プレビュー」で確認することをおすすめします)

最後に、地図部分をハサミやカッターで切り抜いて完成です。

もちろん指定サイズ通り、きちんと10cm×10cmに出来上がっています。

あとは幼稚園などに提出する書類の指定箇所に糊やセロテープで貼り付ければオーケー。

なお、今回はあえてカラー印刷にしましたが、貼る予定の書類によってはモノクロ印刷の方が馴染む場合も多いと思います。

ファイル保存しておけば再利用可能

作成したExcelファイルを保存しておけば、今後も必要なとき簡単に印刷できますね。

今回の地図は10cm×10cmのサイズで作成しましたが、違うサイズで印刷する必要がある場合は「印刷時の実寸を指定」で縦横のサイズ値を変更すれば、好きな大きさで再印刷することもできます。

作業は少し面倒ですが、一度やってしまえば何度でも印刷できるので便利ですよ。

(ただし、目的地や出発地が違う場合は一から作業が必要です…)

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク