221  Pocket   はてブ

【高速転送・コンパクト・大容量】バッファロー『HD-PCF1.0U3』を3ヶ月使ってみて、買って正解だったと実感。

今年8月に買ったUSB3.0対応の小型外付けハードディスク「HD-PCF1.0U3」(BUFFALO製)。

3ヶ月使ってみたのでそろそろレビューしたいと思います。

さて、まずHD-PCF1.0U3の仕様を簡単に書いときます。

  • 容量:1TB
  • USB3.0対応(USB2.0でも使用可)
  • USBバスパワー
  • サイズ:幅76mm、高さ14mm、奥行き115mm
  • 重量:約185g

1TBの大容量、USB3.0による高速転送、電源不要、小型で軽量と、求めていたもの全てを満たしてくれているイカした製品です。

スポンサーリンク

HD-PCF1.0U3の外観とサイズ感

外観はマットなプラスチック素材で、表面に入れられた十字のデザインがアクセントになっています。

HD-PCF1.0U3_Review_1

横から撮ったところがこちら。(写真ピンボケですいません)

HD-PCF1.0U3_Review_2

分かりやすいものとの比較写真を取れば良かったですね。

例えて言うなら、カバーを付けた一昔前のiPhoneを少し幅広にしたぐらいの大きさです。

分かりやすいものではないですが、昔使ってた同じくバッファロー製の外付けハードディスク(HD-HB250U2)と並べた画像がこちら。

HD-PCF1.0U3_Review_3

HD-PCF1.0U3の容量は1TBで重量185g。かたやHD-HB250U2の方は容量250GBで重量1.4kgです。

容量が4倍になり、重量は8分の1となっています。

HD-HB250U2なんて鈍器のような凶器にも成り得るほどの重量物ですが、HD-PCF1.0U3なんてジーパンのポケットにだって入れられる程のサイズ。

時代の進歩ってすごい。(ちなみにHD-HB250U2は2004年製)

HD-PCF1.0U3とHD-HB250U2の転送スピードを比較

せっかくなので、USB3.0対応のHD-PCF1.0U3とHD-HB250U2(USB2.0)の転送速度をベンチマークの定番ソフト「CrystalDiskMark」で比較してみました。

HD-HB250U2の速度測定

まずはHD-HB250U2の方から。

HD-PCF1.0U3_Review_4

えーと、すいません。CrystalDiskMarkを使うの(というかこういうソフト全般)を使うの初めてなので、見方はよくわかりません(汗)

あくまで2者間の比較ということで、次のHD-PCF1.0U3測定結果と較べるための材料としてご覧ください。

HD-PCF1.0U3の速度測定

そしてこちらがHD-PCF1.0U3の結果です。

HD-PCF1.0U3_Review_5

おぉ~と、SeqはReadが3倍以上、Writeに至っては4倍近く上回っています!

512Kという項目についてもそれぞれ3倍近くになっていますね。詳しくは分からんけど、とにかくスゴいということでしょう!

実際、数メガとかの写真数枚をコピーするにも体感で早くなっています。

HD-HB250U2では「コピー中……………………完了」だったのが、

HD-PCF1.0U3では「コピー中……完了」みたいな感じ。

まとめ

デジタル関連・PC関連機器を買い替えると、ホント時代の進歩を感じます。

欲を言えばUSBコードを本体に収納できれば良かったんですが、サイズを考えればそれは贅沢というもの。

使ってるパソコン(VAIO PRO11)のSSD容量が128GBと少なく困ることが多いんですが、HD-PCF1.0U3のおかげで何とかやりくり出来ています。

いちいちコンセントに刺さなくて済むUSBバスパワーもすごく便利。

古い外付けハードディスク(特にUSB2.0のものとか)を使ってて買い替えを検討してる方にはおすすめしたい一品です。

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク