232  Pocket   はてブ

ストライダーのサドルが硬かったので純正クッションタイプ(XLサイズ)に交換したよって話

前に並行輸入品のストライダーを買ってしまった話を書きましたが、今回はその続きです。

前の記事でも書いたけど並行輸入品のストライダーはデメリットだらけ

その中でも特に一番ショックだったのが、正規品と違い並行輸入品のサドルは硬いプラスチック製だっていうところなんですね。

カチカチのプラスチックなので、乗り心地悪いです。お尻痛くなります

せっかく息子(2歳)も気にいってくれてるのに、お尻が痛くなるのがイヤで乗らなくなってしまっては元も子もありません。

そこで調べてみたら、ストライダージャパンから正規品のスペアパーツとして販売されてるサドル(正規品のサドルはクッション)があって、並行輸入品にも取り付け可能だっていうじゃないですか。

価格もお手頃だし、さっそく購入して取付けてみました。

スポンサーリンク

XLサイズのストライダー用サドル

買ったのはこちらの商品。

【追記】
僕が購入した当時のXLシートと現在販売されているXLシートはシート材質が異なるようです。

えっと、これ、XLサイズです。身長目安は105cm以上

うちの息子、現在の身長95cmです。

どうせ買うなら長く使えるものを!ってことでコレにしてしましました。

ちなみに、もちろん通常のサイズも販売されてますよ。
XLサイズは楽天でしか見つからなかったんですが、通常のサドルはAmazonでも販売されていました。Amazonなら送料無料なので、通常サイズを買うならAmazonがおすすめです。

通常のサドルとXLサイズのサドルを比較

ということで、届いたXLサイズのサドル(正規品)と並行輸入品のサドルを較べてみました。

strider_parts_4

左が並行輸入品のサドル。右が正規品のXLサイズのサドルです。

正規品の方がシート面が大きいですね。さらに、並行輸入品のプラスチックと違い正規品はクッションタイプなのでお尻に優しそうです。

ただし、標準サイズのサドルは全長約19cm、正規品XLサイズは全長約27cm。その差、約8cm。

XLサイズのサドルを取付けて身長95cmの息子が乗れるのか? 一抹の不安を抱えながらも、さっそくストライダーに取り付けてみました。

サドル交換後の並行輸入品ストライダー

取り付け後の写真がこちら。

strider_parts_5

サドルポストの差込口は貫通しているので、↑の写真のように標準サイズのサドルと同じくらいの高さまで調整することができました。

これなら身長95cmのうちの息子さんでも余裕で地面に足が届きます。

ただ、ここまでサドルを低くするとポストが下に突き出してしまうんですね。

strider_parts_6

平地を走る場合は全然問題ないんですが、側溝とかの大きな段差を越えようとすると、このポスト部分が引っかかってしまいます。

まぁ、うちの息子はまだストライダーに跨がってトコトコ歩くぐらいしかできないので大丈夫だと思いますが、スピードを出せるようになってきたらこの突起は危険そうです。

その頃には身長も伸びてサドル位置も丁度よくなることを期待しながら、しばらくは注意深く見ていこうと思います。

▼サドル交換後の並行輸入品ストライダーに乗るウチの息子さん。

strider_parts_9

前に比べサドルが柔らかくなったので、乗りやすそうです。

シート座面も大きくなったので座った感じも安定してますよ。

まとめ

並行輸入品のストライダーを買ってしまうという失敗に続き、今回も判断ミスによりXLサイズのサドルを買ってしまいました。。。

でも無事に息子が乗れる高さまで調整できたし、乗りやすくなったみたいだし、(サドルポストが突き出してしまってる点を除き)一安心です。

もし我が家と同じく並行輸入品のストライダーを買ってしまったなんて方には、ぜひサドル交換をおすすめしたいです。

そのときはちゃんと子供の身長にあわせて買うサドルを選んでくださいね。

スポンサーリンク


更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ