314  Pocket   はてブ

子供が2歳になって想うこと。イヤイヤ期は大変だって言うけれど。魔の2歳児なんて言われるけれど。

Cry photo

2才6ヶ月になったうちの息子。いわゆる魔の2歳児ってやつですね。イヤイヤ期の絶頂です。

噂に聞いてた通り、まさに「怪獣」状態。

もう、何でもイヤと言うし何でも自分でやりたがる。

自己中(自己中心的のことね)のかたまりです。

Photo by Upsilon Andromedae

スポンサーリンク

何でも否定する

まずね、なんでも否定から入ります。

「オモチャ片付けよっか」
息子「うぅう~ん!」(首を横に振りながら)

「お風呂入るよ~」
息子「うぅう~ん!」(首を横に振りながら)

「着替えよっか」
息子「うぅう~ん!」(首を横に振りながら)

「歯磨きしような」
息子「うぅう~ん!」(首を横に振りながら)

僕は平日の日中は家にいないのでまだいいですが、常に息子と一緒に過ごす妻に言わせると、

逆に笑けてくる(・∀・;)

だって。

何でも自分でやりたがる

Cry photoPhoto by emrank

それだけじゃありません。何でも自分でやりたがるようになってきました。

例えば外出しようとするとき、

自分で靴を履きたがり
(結局履けないので履かせてあげる)

自分で玄関の鍵を閉めたがり
(鍵穴まで届かないくせに)

エレベータのボタンを押したがり
(関係ない階も押しまくる)

車に乗せるときも、

自分でドアを開けたがり
(結局開けられない)

自らチャイルドシートに乗り込もうとし
(ズリ落ちてケガしたことある)

ベルトのバックルも自分で締めようとします
(指挟んで大泣きするのはやめてくれ…)

まだ無理だからって止めさせようとすれば大騒ぎ。本人が諦めてくれるまで待つしかありません。

このせいで、普通なら5分も掛からないはずの工程でも10分20分と掛かってしまいます。

イヤイヤ期はいつ終わる?

Cry photoPhoto by MIKI Yoshihito (´・ω・)

2才になったばかりの頃から少しずつこんな状態が始まって、どんどん加速してきている感じ。

「魔の2歳児」っていうくらいだし、3歳になれば収まんのかな?

こんなイメージで合ってるでしょうか?

  • 2歳0ヶ月 :★
  • 2歳2ヶ月 :★★
  • 2歳4ヶ月 :★★★
  • 2歳5ヶ月 :★★★★
  • 2歳6ヶ月 :★★★★★(←今ここ!)
  • 2歳7ヶ月 :★★★★
  • 2歳8ヶ月 :★★★
  • 2歳10ヶ月:★★
  • 3歳0ヶ月 :★

いや、そんなわけないか。

周りの話を聞けば「もっとヒドくなる」なんていう人が多いですし(汗)

というか、これ書いてるときに調べて知ったけど「悪魔の3歳」なんて言葉もあるんですね。

もちろん個人差もあるだろうけど、気長にこの怪獣と付き合う覚悟が必要かな。

自分なりにイヤイヤ期を克服する

イヤイヤ期の対処とか接し方とか、ネットで調べると色々でてきますよね。

まぁ言ってしまえばどれも似たようなもので、突き詰めれば「子供の成長過程なので温かく見守ろう」というもの。

そうですね、それしかありません。

でも親だって人間です。イライラしてしまうときだってあります。

逆に状況を楽しんでみる

Cry photoPhoto by francisco_osorio

そんなときは一度冷静になって、逆にどうやってこの怪獣を攻略してやろうかってゲームみたいに楽しむことにしました。

「お片づけしようか?」っていえば「うぅう~ん!」と言うので、逆に「片付けないよね?」と言ってみる。

息子はまだ言葉の正確な意味というより雰囲気で理解してるようで、同じように「うぅう~ん!」と返してきます。

で、「よし、それじゃ片付けようか♪」ってなるわけですね。

意外かもしれませんが、これでほんとにオモチャを片づけ始めてくれました。

もちろん、いつもそう上手くいく訳じゃないですけどね(笑)

でもね。言うことを聞いてくれないからってイライラするよりは、こっちも楽しいそうにしていればそれはちゃんと伝わります。

イライラして怒鳴るより何倍もマシだと思ってますよ。

時間に余裕を持って行動する

Cry photoPhoto by be creator

出かける予定がある日でも、そんなことは2歳児にとっては関係ありません。

朝から好きなだけオモチャを散らかし、歯磨きもさせてくれなければ着替えもイヤがります。

そんなときはさすがにこっちも楽しむ余裕はありません。外出する時間がせまってくれば、さすがにイライラしてしまいます(笑)

そうならないためにも、しっかり時間に余裕を持つことが大事ですね。

外出予定があるならいつも以上に早起きをする、いつもなら30分で着く場所でも40分前には家を出る、等々。

自立への第一歩なんて言うけれど

イヤイヤ期は自我の芽生え、自立への第一歩なんて言われてます。

人が成長するうえで欠かせないことです。

大変だ大変だなんて言ってないで、健全に成長してる証なんですから喜ぶべきことなんですよね。

14069210495_5c8add3602_k1Photo by dbakr

でも一方で、少し寂しく思うこともあります。

このイヤイヤ期が終わったら、自立に向けて次の一歩・二歩と進んで行くわけです。

そしたら今みたいに「パパッ、パッパー」なんて(鬱陶しいくらいに)絡みついてくることも無くなるんでしょう。

そんなことを考えると、イライラしてしまう時間なんてもったいない、ちょっとでも今この時間を大切にしよう。そんなふうに想う今日この頃です。

子どもがパパにべったりなのは人生の1%…それでも週末を寝て過ごしますか?

スポンサーリンク

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ