549  Pocket   はてブ

今からやるべきスマホの熱対策!高温化を防ぐ方法と対処まとめ

スマートフォン photo

様々な不具合を引き起こしてしまうスマートフォンの熱暴走。夏になれば発熱度合いもすごいですから尚更です。

本体が熱くなり過ぎたせいでカメラが起動できなくなったり、端末が勝手に再起動したり

今年の夏はしっかりスマホ発熱対策をとって、上記のような不具合には遭いたくないところです。

さて、前回は熱対策を練るうえでまずはスマートフォンが熱くなってしまう原因を分析してみました。

スマホが熱くなって困るから原因を考えて対策を練ることにした話

夏が近づいて来ると気になる事の一つにスマートフォンの発熱問題がありますね。特に最近のスマートフォンは高スペック化が進んでるので、夏場…・・・

hack-le-blog.com

前回の内容をざっくり書くと、

  1. 冷却機構が無いくせに高性能なプロセッサを搭載
  2. バッテリーの大容量化と薄型化
  3. ケースやカバーを付けることで本体に熱がこもる

というものです。

今回はこれらの原因について、それぞれ対策を考えてみました。

Photo by Norio.NAKAYAMA

スポンサーリンク

処理負荷を抑えて熱を発生させない

まずは「冷却機構が無いくせに高性能なプロセッサを搭載」していることについて。

これは例えるなら、自分で自分を冷やすことも出来ないくに一生懸命頑張りすぎてしまっているという状態です。

スマホというのは使ってない時でも持ち主のために様々な処理をこなしてくれる頑張り屋さん

ですので、夏など端末温度が上がってしまいそうな状況下では少し手抜きをさせてあげる必要があります。

AndroidなのかiPhoneなのかで対処も違いますので、それぞれについて考えてみました。

Android5.0以上なら

Android5.0以降ではバッテリーセーバー機能が使えるようになりました。

「設定」⇒「電池」⇒「バッテリーセーバー」からこの機能をオンにすることができます。

Smartphone-heating_2_1

これをオンにすることで、CPUのクロック数上限が通常よりも低く設定されます

例えるならこれ以上ガンバらなくていいよとスマホに優しく語りかけるようなもの。

他にもwi-fiやGPS、同期機能なども制限するので、バッテリー消費を抑える効果は充分に期待できます。

バッテリー消費を抑えることは結果的に処理負荷を下げることに繋がりますので、発熱対策にもなるということです。

Android5.0未満なら

Android5.0未満では残念ながら上記のバッテリーセーバー機能は使えません。

ただ、国内メーカーのAndroid端末なら似たようなバッテリー消費を抑える機能や独自アプリが入っていると思うので、それらを使うのがいいでしょう。

そんな機能やアプリは入ってません!って場合は、GooglePlayストアを探せば節電系アプリは山ほどあるので気に入ったものをインストールしましょう。

おすすめはこれ。

バッテリー長持ち・節電 Yahoo!スマホ最適化ツール

バッテリー長持ち・節電 Yahoo!スマホ最適化ツール
無料
posted with アプリーチ

安心(?)のYahoo!ブランド。ややこしい設定なしで簡単に使えます。

Android5.0のバッテリーセーバーのようにCPUクロック数まで抑えることはできませんが、wi-fiやGPSを自動で切ったりしてくれるので、処理負荷の低下→発熱を抑える、といった効果がある程度は期待できます。

iPhoneの場合

iPhoneの場合はAndroidに比べCPUクロックがもともと低く抑えられてるので、そこまでCPU負荷を気にする必要はないかもしれません。

それでも、アプリが勝手に暴走→バッテリーが激減→本体も熱々、になったなんて話を聞くことがあります。

そういった点で、Androidと同じように節電系のアプリで端末の状態を把握/コントロールすることも重要になってきます。

iPhoneは使ったことないのでおすすめってわけではないですが、iPhoneで有名な節電アプリとしてはこういったものがあります。

バッテリーセーバー - バッテリ寿命を向上させる(天気、目覚まし時計)

バッテリーセーバー – バッテリ寿命を向上させる(天気、目覚まし時計)
開発元:KS Mobile, Inc.
無料
posted with アプリーチ

節電を意識して高温になることを防ぐ

続いて、バッテリーの大容量化と薄型化についてです。

薄型化の話はさておき、問題はバッテリーの大容量化の方にあります。

と言っても放電容量がどうだとか蓄電効率がどうのという難しい話ではありません。

ではどういうことかと言うと、一昔前のスマホってとにかく電池持ちが悪かったですよね?

待ち受けの状態でも半日程度しかバッテリーが持たない機種もけっこうありました。

だから、ほんとに必要なときしか触らない/GPS機能は使わない/使わないアプリはアンインストールする等、バッテリー持ちを良くするための努力を日々行なっていたはずです。

ところが、最近のスマホはそんな節電の努力をしなくて普通に一日くらいはバッテリーが持つようになってきています。

そして節電の努力をやめた結果、スマホは常に全力で頑張ります!状態で稼働することになっているわけなんですね。

ですので、対策としては上の項で書いたのと同じになりますが、電池残量がたっぷり残っている場合でも発熱を抑える意味でバッテリー消費を抑えることがポイントですね。

本体を適度に放熱/冷却する

最後にケースやカバーを付けることで本体に熱がこもるについて。

ここが一番大事かもしれません。

通気性のあるケースで風通しを良くする

シリコンやTPUのスマホ背面まで覆うタイプのケースは、熱が籠もりやすくなります。

ケースなしの真っ裸で使うのが一番いいですが、それだとスマホを落とした時のダメージが気になるところ。

そんなときは、通気性の良いケースを使って放熱とスマホの保護を両立させましょう。

例えばこういうタイプ。

背面がメッシュになっているソフトケースです。これなら熱がこもりません。

iPhone用にはこういったものもあります。

AndMesh 日本製 iPhone 6 Plus ケース Mesh Case for iPhone6 Plus 国際的デザイン賞受賞 割れない傷つかないのに優しい質感の日本製エラストマー使用 White 白 ホワイト | AMMSC610-WHT
AndMesh 日本製 iPhone 6 Plus ケース Mesh Case 国際的デザイン賞受賞 割れない傷つかないのに優しい質感

エラストマーという素材でできたメッシュタイプのソフトケースですね。かっこいい。

他には、スマホを保護する点では劣りますがアルミダンパーにするという手もあります。

【 Xperia Z4 用 / ブラック 】CLEAVE Aluminum Bumper “Chrono” for Xperia Z4/ ブラック / Deff / アルミバンパー / アルマイト加工 / エクスペリア / XperiaZ4
【 Xperia Z4用】CLEAVE Aluminum Bumper “Chrono” for Xperia Z4

背面は裸なので通気性はサイコーだし、アルミなので放熱性も抜群

上の商品はXperiaZ4用ですが、このタイプは殆どの機種で販売されていますよ。

冷却シートを使用する

今使ってるケースを気に入ってるしわざわざ買い換えたくない!なんて場合は、ケースと本体の間に冷却シートを貼るのも効果があるかもしれません。

以下の商品は、ハサミでカットして好きな大きさで貼れるタイプ。

アイネックス まず貼る一番 ハイブリッド HT-02
アイネックス まず貼る一番 ハイブリッド HT-02

また、スマホ向けにデザイン性のある専用冷却シートもあります。


スマートフォン冷却シート motomo COOLING PAD

ちなみに僕はこれを購入済み。

冷却ファンで強制的に冷やす

ここまで紹介した方法をとっても、車でカーナビ変わりにスマホを使うなど高い負荷がかかる状況ではやっぱり熱を持ってしまうこともあるはず。

そんなときはこれ。

カーメイト(CARMATE) ファンで送風 スマートフォンをクールダウン スマートフォンホルダー クールファン ブラック ME70
カーメイト ファンで送風 クールダウン スマートフォンホルダー クールファン ME70

車のシガーソケットを電源にする送風ファンが付いたスマートフォンホルダーです。カーナビとしてスマホを使うときに良いですね。

また、車のようにシガーソケットから電源が取れないバイク自転車でスマホをナビ代わりにしている人には以下がおすすめ。

サンワダイレクト スマホ用冷却クーラー ファン付 スタンド付 1000mAhバッテリー内蔵 スマホ充電機能付 400-CLN023
サンワダイレクト スマホ用冷却クーラー スタンド付 1000mAhバッテリー内蔵 スマホ充電機能付

スマートフォンホルダー型のバッテリー内蔵冷却ファンです。バッテリー容量は1,000mAhで、緊急時にはスマホへの給電もできます。

また、カーナビと同じくカメラもスマホを熱々にさせる機能のひとつ。

車で使うときはシガーソケットから電源をとれますが、外でカメラ機能を使うときは電源がありませんので、充電式のハンディークーラーでスマホを冷やすという手もあります。

【静音】携帯式充電ハンディークーラー 扇風機 気化熱を利用してひんやりとした心地良い風 (ブラック)
【静音】携帯式充電ハンディークーラー 扇風機 気化熱を利用してひんやり

【全5色】 ミニ エアコン 冷却 ファン 小型 扇風機 充電 式 USB ケーブル & 携帯 用 ストラップ & クリーニング クロス 付き (1. 水色 スカイブルー)
【全5色】 ミニ エアコン 冷却 ファン 小型 扇風機 充電 式

いわゆる携帯用小型扇風機ですね。

こういうタイプなら、電源のない炎天下の空の下でも使えます。

まとめ

夏に向けてのスマホ発熱対策をまとめると、

  • バッテリー節約系の機能やアプリを利用
  • スマホケースは通気性の高いものを選ぶ
  • 冷却シート、冷却ファンで適度に冷やす

といった内容でした。

これらの対策をとっても完全に熱暴走を食い止められる訳ではないと思いますが、何もしないより効果はあると思います。

スマートフォンが熱くなってお困りの方は、試してみてくださいね。

icon-arrow-circle-down 購入したXcessor Bumper バンパーケースのレビュー書きました
熱対策で買ったスマホのTPUバンパーケースが想像以上に良かった件

スポンサーリンク

シェアはお気軽に(^O^)v

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ