32  Pocket   はてブ

スマホ手袋比較(無印良品vsミドリ安全)スマホ手袋選びは何を重視すべきか

携帯といえばスマートフォンが当たり前になってきていることもあって、手袋もタッチパネル対応のものが続々と発売されてますね。

たまに寒いなか手袋外してスマホを操作してる人を見かけますが、少し気の毒なってしまいます。

そんな人には声を大にして言いたい。ユニクロでだってスマホ手袋売ってるんだから買っちゃいなよ!

…なんて書いといてなんですが、ユニクロのスマホ手袋は生地がメチャ薄なので個人的にはお勧めしません。値段は安いですけどね、780円。

ちなみにダイソー(100均)にもスマホ手袋があるって話を聞いたことあるんですが、行く度に探してみるものの現物を見たことありません。ガセなのかな? (2014.1.12追記→ごめん、今日ダイソー行ったら普通に売ってた)

Smartphone-gloves0

さて、僕は3年前に買ったミドリ安全のスマホ手袋を使ってきましたが、毛玉・ほつれが目立ち始め、さらに指先の感度(タッチパネルの反応)も悪くなってきたことから、先月新しいものを買いました。

買ったのは無印良品の「フリースタッチパネル手袋(黒)」。

そこで、今まで使ってたミドリ安全のスマホ手袋「スマートタッチ(無地・チャコール)」と比較してみました。

ちなみにミドリ安全という会社は、安全靴・ヘルメット等をはじめオフィス用の空気清浄装置・健康医療機器などを販売する、働く方達に馴染み深い会社です。

スポンサーリンク

無印良品「フリースタッチパネル手袋」 vs ミドリ安全「スマートタッチ」

最初にですが、今回比較したのはあくまで僕が購入したタイプ(30代サラリーマンがスーツ姿で使える地味めなもの)であって、それ以外にも無印良品・ミドリ安全それぞれ別のタイプのタッチパネル対応した手袋がラインナップされています。

ウールの雪柄模様のものとか、女性でも違和感なく使えるものも沢山ありますよ。

外観の比較(手の平側)

まずは無印のフリースタッチパネル手袋から。

Smartphone-gloves_2

タッチパネル対応となっているのは親指・人差し指・中指の3本で、指のお腹側のみとなっています。

手のひら部分には滑り止め等はありません。

素材は商品名にある通りフリースで、毛玉やほつれ等は出来にくそうです。

フリース素材で生地もそこそこ厚みがあるので、手にはめてみると非常に暖かく感じます。

続いて、ミドリ安全のスマホ手袋です。

Smartphone-gloves_1

全ての指がタッチパネルに対応していて、内側だけでなく指先全部に導電糸が使われています。

また、内側にはゴム素材の滑り止めが格子状に貼り付けられています。

素材は「アクリル97% ポリウレタン3%」ということですが、印象としては軍手に近いかな?

生地は(ユニクロのスマホ手袋ほどではないものの)薄めで伸縮性があるので、手にはめた状態で何か持ったりする動作に違和感がありません。その点も軍手に近いですね。

ただ、その薄さのせいで暖かさはあまり実感できません。

スマートフォンの操作性

次は、手袋をはめてスマートフォンを操作した印象です。

まずは無印のフリースタッチパネル手袋でNexus5を操作してみました。

Smartphone-gloves_6

親指の先に少しですがたるみができてしまっていて、少し操作がしづらいです。

手袋全体のサイズとしては丁度いいんですが、指先が少し余ってしまうんですよね。この辺は指の長さや甲の厚さなど個人差はあるかと思いますが。

生地に厚みもあるので、その点も操作性を悪くしています。

また、手のひら部分に滑り止めが無いため、親指で画面上部をタップしようとしたときなど、油断するとスマホを落としてしまいそうになります。

続いて、ミドリ安全のスマホ手袋で同じくNexus5を操作してみました。

Smartphone-gloves_5

伸縮性のある素材のため、はめて引っ張れば指先がちゃんと先端まで届きます。

比較的薄手ということもあり、素手に近いといえば大げさですが無印のフリース手袋と較べると操作性は格段に勝っています。

手のひらの滑り止めも効いていて、スマホを支える安定性は抜群です。

この機能性は、さすがミドリ安全。

比較まとめ

項目別にそれぞれ星を付けるとすると、以下のような感じでしょうか。

無印良品「フリースタッチパネル手袋」

  • 暖かさ ★★★★★
  • 操作性 
  • 耐久性 ★★★(←買ったばかりなので予想)

ミドリ安全「スマートタッチ」

  • 暖かさ ★★★
  • 操作性 ★★★★★
  • 耐久性 ★★

評価項目に「デザイン」も入れようと思いましたが、好みによる部分が大きいので外しました。

個人的にはミドリ安全の無地・チャコールの醸し出す無骨な雰囲気は気に入っています。

しかしあれですね、暖かさと操作性はトレードオフになるのは仕方ないところかもしれません。

どちらを優先させるか人それぞれですが、操作性を重視したい僕としては無印ではなく今回もミドリ安全にしておけば良かったなと少し後悔しています^^;

なお、今回比較した無印良品・ミドリ安全以外にも本当に沢山のメーカーから様々なタイプ(デザイン重視のものや本皮製のものなど)が販売されています。

今回の記事は、お気に入りの手袋を見つける際の判断基準として少しでも参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

更新情報をお届けしてます(`・ω・´)ゞ