34  Pocket   はてブ

ENEOSでんきのCM炎上から見た新電力の現状とか

ENEOSでんきのテレビCMが話題になってますね。話題というと聞こえは良いですが、実際のところは炎上です。

CMの内容は、自由に使えるお金が少ないと悩む主婦が旦那に向かって「稼ぎのいい夫に変える」と言い、それを聞いた旦那が体ごと吹き飛んでいく、という内容です。

簡単に書きすぎて内容が伝わらないかもしれませんのでYouTubeの動画貼っておきます。

(音量に注意)

主婦役は小池栄子さんで、こういった演技はまさにハマり役。もし自分が言われたらと思うとゾッとします。

絶賛大炎上ですのでそのうち動画が削除されてしまうかもしれません。

まだ見てない人は今のうちに見ておいた方が良いかもしれませんし、あるいは僕のように稼ぎが少ない小心者は見ないほうが良いかもしれません(笑)

このCM内容が男性蔑視や女尊男卑じゃないかということで炎上してしまったわけですが、普通に面白いCMだなというのが個人的な感想です。

むしろENEOSでんき攻めてるなと。この攻めの姿勢で頑張って欲しい。

電力を切替えた家庭は極少数

うちは電気契約を昨年4月に東京電力からENEOSでんきへ切り替えました。

でも周りにその話をしても、なかなか理解してもらえない。

昨年春頃あれだけ騒がれたはずの電力自由化ですが、世間の認知度はまだまだ低いというのが実感です。

実際、経済産業省のサイトで公開されている総合資源エネルギー調査会の資料5 icon-external-link によれば2016年9月末時点の新電力切替え申込件数は全体の約3.0%程度だそうです。

少なっ。3割じゃないですよ。0.3割。たったの3%。

ちなみに僕はまだ身近で電力切替えをした人に出会ったことがありません。

しいて言えば住んでるマンションの管理組合が東京ガスの電気契約に切替えたくらいでしょうか。(ENEOSでんきを推したが多数決で負けた)

電力切替が進まない理由

ENEOSでんきに限らず他の新電力会社もテレビCMや他媒体を使った宣伝は盛んに行なっています。

それにも関わらずなぜ一般家庭の電力切替は進んでいないのでしょうか。

前述の経済産業省の資料に資源エネルギー庁が実施したWebアンケートの調査結果が掲載されていました。

最初の3点がまだ電力切替えをしていない人の意見ですが、3点目に記載されている切替えしていない理由を見ると電力切替によるメリットが理解されていないことが挙げられています。

一方で、新電力に変更した人は9割が満足という結果が出ており、電力切替えによるデメリットを挙げる内容はほぼありません。

電力の安定供給や手続き面が不安で切替えを検討しないと回答した人も、既に切替えた人の評判などを見聞きすることで不安が和らぎ、今後徐々に新電力への切替えが進んでいくのではないかと思います。

ENEOSでんきに切替えて1年経った感想

実際にうちも昨年4月に電気契約をENEOSでんきへ切替えていますが、デメリットは一切感じていません

同じ時期にスマホの回線をワイモバイルから格安シムのmineoに切替えているんですが、そちらに関しては通信速度が遅いことや昼休み時間帯に繋がらなくなるなどのデメリットはありました。

ですが電気に関しては当たり前ですが全くそのようなことはありません。

何の問題もなく毎日24時間安定して電気供給されています。

もちろん電気契約とスマホ回線を比較するのは(費用効果も大きく違いますし)ナンセンスですが、言いたいのは新電力に切替えたところで日々電気を使う上で何の不便も不安もないということです。

ただ、それはうちが契約しているのがJXエネルギー運営のENEOSでんき icon-external-link だからかもしれません。

JXエネルギーといえば国内最大手の石油会社でもともと事業者向け電力卸しを長年に渡って続けている会社。安定していて当たり前です。

電力自由化でENEOSでんきを乗り換え先に決めた理由

今日、ENEOSでんきの事前予約に申込みました。ENEOSでんきといえば、今年に入って他社に先駆け料金プランを発表したりと電力自由化の急先鋒と言ってもいい存在です。最近はエネゴリくんがENEOSでんきのピーアールに頑張ってる姿もよく見掛けま・・・

hack-le-blog.com

まとめ

先に挙げた経済産業省の資料によると2016年9月時点の小売電気事業者登録数はなんと350社。

そしてそれぞれの会社に独自の契約プランが複数ありますので、切替えを検討している人は混乱してしまうかもしれません。

新年度も近くなり冒頭で紹介したENEOSでんきのCMのように各社ともアピール合戦が再び加熱してきたように感じます。

電力切替えへの不安が解消しても選択肢の多さが切替え検討の足枷になる可能性もありそうですが、電気契約の切り替えはスマホ回線と違い事務手数料や解約金は掛かりませんし(※ENEOSでんきの場合。会社や契約によって異なります。)、ある程度シンプルに選んでしまうのも有りだと思います。